かたつむりは電子図書館の夢をみるか(はてなブログ版)

かつてはてなダイアリーで更新していた「かたつむりは電子図書館の夢をみるか」ブログの、はてなブログ以降版だよ

「野望円舞曲」(7)


[rakuten:book:12104484:detail]
Amazonはまだ書影がないから楽天から)


田中芳樹荻野目悠樹 著のスペースオペラ、田中の御大が原案や設定提供をし始めた最初期の頃から出ている作品でありながら「&」という謎表記(荻野目と田中の明確な役割分担が見えない)をしていることの意義を今回は遺憾なく発揮しています。


いや、なんていうか、実際の文章書いてるのはたぶん荻野目の方なんだろうと思うんだけど(田中芳樹の筆の遅さは異常なので)、他の田中原案系と違って、「筆の遅い田中芳樹の代わりに書いてる」のではなく、この作品だけは本当に「田中芳樹と二人で書いてる」って感じがひしひしと伝わってくるんだよね。
荻野目さんの文体自体は淡々としすぎている感があるというか、うまく書けば名シーンになりそうなところも割とするっと進んじゃう、ゲームやアニメのノベライズみたいなところがあるんだけど。
文の素っ気なさを差し引いても十分面白いくらいに、ストーリーがヤバい。
これは田中芳樹一人では書けない。


もともと政治や戦争、あるいは陰謀(工作)などの面から諸勢力の駆け引きを書かせたときの田中芳樹の実力は保証済みなわけだけど、そこに荻野目が経済(金融)面での駆け引きを持ち込んで、なおかつそっちをかなり主眼に置いたもんだからなんだかとんでもない化学反応が起きている。
戦争ものの背景として経済面の話が書かれてる小説とか、逆に経済戦争のエッセンスのひとつに実世界の戦争の話を入れるとかいうのは今までもあったような気がするけど。
経済戦争と実戦争をここまで直結させた(両者のプレイヤがほぼ一緒で、経済戦争に勝つために軍隊を動かして直接相手を叩こうとしたり、金融の変動が自分に有利になるように紛争介入する描写があったりする、なおかつそれらが経済面で勝てないゆえの暴発でなく、取りうる当り前の施策の一つとして扱われる)小説は初めて読んだ気がする・・・
レバレッジで増やしまくった資金で空売りしかける」部分は荻野目がいないと田中単独では書けないだろうし、一方で「逃げているかに見せかけて実は相手をはさみこんでから一気に逆転」みたいな戦術描写は田中芳樹お家芸なわけで。
その2つを組み合わせて、しかもそれが不自然じゃない設定(トルコVSヴェネツィアがモデルのボスポラス帝国とオルヴィエートとか)を組み込んでるんだから、そりゃあ多少文体がそっけなくても面白くてたまらないよなあ。
むしろそっけなさが逆にストーリーとしての面白さを純粋に引き出している気がするから不思議だ・・・
キャラクターの性格設定とか限りなくお定まりな感じになってきてるのに。


・・・いやまあ、最盛期の田中の筆力があれば絶対もっと盛り上げられるだろ、と思うこともやっぱあるんだけどね・・・でも田中芳樹の文体も好き嫌いあるしなあ・・・


閑話休題
話としてはいい感じに一段落つけたような気がする「野望円舞曲」だが、さて、次巻が出るのはいつの日か。
田中芳樹がからむとどんな作家でも筆が遅くなるからなあ・・・「銀河英雄伝説」で殺しすぎたキャラクターたちの呪いでもかけられてるんじゃないかなあ・・・まあ、あまり期待せずにのんびり先を待とう・・・

「狼と香辛料」5


狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)

狼と香辛料〈5〉 (電撃文庫)


主人公ロレンスのイイ男への変貌っぷりにヒロイン・ホロに嫉妬。
・・・などというのは冗談なわけだが、いやそれにしてもイイ男になったなー、ロレンス。
もともと頭良かったのが、ホロと付き合ってるうちにいっそう開花してんだろうか。
酒場の娘とかとの会話も絶妙だし・・・ホロとの掛け合いもそうだが、こういうやりとりの出来る男女は格好いいなー。


そんな感じでひとしきり堪能した後にあとがきの生臭さでいい感じに現実回帰w
ちょ、支倉凍砂、株式市場とかタックスへヴンとか、どんだけ金が好きなのかー。
いや、そういうところがないと商いの話は書けないのやも知れないが・・・あとがきで書くか?
いいね、その生臭さ。
でも株で儲けるより地道に小説書いてた方がこの人の場合は稼げるんじゃないかとか思うんだがそういうものではないんだろうか。

「DDD 2」


DDD 2 (講談社BOX)

DDD 2 (講談社BOX)


来たよ来たよ来ましたよ、奈須きのこ小説最新作、「DDD」の続刊が!
表紙からして今まで見覚えのない人で「すわ何事か・・・?!」と思ったが、中身を読んで「奈須が○○を書いてる?!」とさらに驚愕した次第。
なにこの抜群の季節感。
夏の青春と言えばやはりそれなのかー。
でも所詮は奈須、熱く綺麗なだけのお話などは望むべくもないのであった。
いいんです、DDDにそんなもの求めるだけ無駄なことは第1話がファウストに載った頃から百も承知。
むしろ奈須の小説にあんな挿絵が掲載されるようなシーンがあっただけでも奇跡ではないかとかなんとか。


以下、ネタばれがふんだんにあるので注意。

続きを読む

「とらドラ!」(5)


とらドラ! (5) (電撃文庫 た 20-8)

とらドラ! (5) (電撃文庫 た 20-8)



今月はいきなりぷちライトノベル祭状態。
まずすでに出ているのとしてファミ通文庫から「学校の階段」と「ガーゴイルおるたなてぃぶ」新刊。
電撃から「とらドラ」、「れでぃばと」、「狼と香辛料」の新刊に阿智太郎の新シリーズ。
講談社BOXから毎月恒例の「刀語」に8/10に「DDD」の新刊。
さらに徳間デュアルから「野望円舞曲」の久々の新刊まで出ていて、おいおいなんだろうねこれは。


その中でも個人的に期待値トップクラスだったのが「とらドラ」最新刊。
・・・さすが竹宮ゆゆこ、期待を全く裏切らない内容でした・・・
読み始めたら続きが気になってページをめくる手が止まらない。
なんつーか、来るべきクライマックスがきっと凄い見てらんないことになりそうなんだけど止まれない止まれないうわやっぱ来たうわそこでそうなるのああああフェイント?! みたいな(どんなだ)。


しかし・・・巻が進むごとに、逆にどんどん先が見えなくなる気がしているのは俺だけか・・・
なんだかんだで大河と竜児がくっつくことになるんじゃないかという気がしつつ、他のキャラたちの動きがいまいち読み切れない・・・
特に北村と実乃梨の読み切れなさは異常。
スピンオフで北村はだいたい見えた、と思ったら今回このラストだしなあ・・・
この5人、この先いったいどんな風になっていくんだ・・・?
わたしたちの田村くん」の竹宮ゆゆこであることを勘案すると、安易に「ありがとう。でも俺は本当の気持ちに気づいたんだ・・・俺は・・・」「そっか・・・」的に終わらせては絶対くれない気がする・・・


今年中にもう1冊出したいとあとがきでも書かれてたし、この先もまるで目が離せそうにない予感。
そういやコミック版も連載はじまってたなあ・・・どっか立ち読みできるとこあるかなあ・・・



8/10 4:51 a.m. 補足

>スピンオフで北村はだいたい見えた、と思ったら今回このラストだしなあ・・・
あ、いや、これは読み違いか。
このシーンは○○が○○と○○に気使って○○なのにさらに気配った北村が○○、って理解の方が正しいような気がしてきた。
それだとスピンオフの解釈も揺らがないし。
ただ、その場合でも結局、北村も含め5人がこのあとどう動くのかが読み切れないこと自体は変わらないわけだが・・・とにもかくにも実乃梨が読めねえ・・・

「涼宮ハルヒの分裂」


涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの分裂 (角川スニーカー文庫)


先々月くらいから買い集め始めた「涼宮ハルヒ」シリーズ、やっとここまでたどり着いた。
市内の古本屋であんまり売ってないもんだから結局ほとんど新品購入・・・今月もいくら飛んでいってるんだか・・・(汗)


谷川流は「学校を出よう!」の1巻の途中くらいまで立ち読みして「うーん、保留」と思ったっきり、ハルヒがアニメでヒットしてもしばらくは手出してなかったんだが。
それどころか「涼宮ハルヒの憂鬱」買って読んだっきりで「溜息」以降は放置しっぱなしたりもしてたんだが。
ライトノベル読みたい欲にかられてなんとなく「溜息」、「退屈」を読み、「消失」まで進んだ時点でどんはまり。
長門ハルヒもいいが、個人的にはキョンいいよー、キョン
で、あとは本屋に行くたびに1〜2冊ずつ購入してたらここまで来てしまった、という・・・。


しかし読む以前にタイトルと表紙から予想してたのと違って、割と普通に物語してるんだな。
アニメ化されるであろう「消失」も好きだが、今のところ一番印象強かったのは「暴走」収録の「エンドレスエイト」。
タイトルと途中までの描写から何が起こっているかは速攻でわかったのだが、状況が思い描いていたより遙かにとんでもなくて絶句した。
最後のキョンのぼやきも感慨深いというかかなり余韻が残る感じだったし。


で、いっきに「分裂」まで至ってしまったわけですが・・・うわちゃー、えらい引きな感じで終わってやがった畜生。
これならいっそ「驚愕」出るまで読み控えておけばよかったかなあ・・・ああ、でも今月後半以降は新刊目白押しでそっちに気が回らなくなるかもしれなかったから別に良いか・・・

「食卓にビールを」(6)



下の「キスより早く」に続いて女子高生若奥様もの、でも内容はそんなに甘くないっていうかむしろ家庭的な中にかなりのエキセントリック、頻繁に地球が異星人に滅ぼされかけるSF短編集「食卓にビールを」の最新巻が出ていた。
涼宮ハルヒの憂鬱」以上に日常の中で非日常SFが繰り広げられる「食卓にビールを」だが、なにぶんヒロインが全然動じないばかりか思いつきとか適当な言動でたいていのことがなんとかなってしまうのでまったり感がえらいことに。
でも出てくる話は割としっかり物理物理してて面白いのだが。
原理をきちんと理解して勉強に生かそうとすると死にそうなくらい面倒だけど、面白話として聞いて聞き流す分には超面白いよな、物理学。
きっと文系入試なのに理科で物理選択するタイプの人はこのシリーズけっこう好きなんじゃないかと思う。
俺は生物選択だったけど。
確実に点が取れる方に走る堅実さを高校時代の俺は身につけていたのだよー。
・・・今はそんなもん失いつつあるが・・・


一応、このシリーズはこれでラストとのことなんだけど・・・はじまったとき同様、終わったんだか終わってないんだかわからないまったり感だなあ(笑)
これからは同じ富士見ミステリーの「星屑エンプレス」シリーズを続けるのか、それともなんか新シリーズ起こすのか、小林めぐみ
「星屑」みたいな長編もいいけど、こういう短編で物理物理した奴もどっかで書き続けて欲しいなー。

「学園キノ②」


学園キノ〈2〉 (電撃文庫)

学園キノ〈2〉 (電撃文庫)


時雨沢恵一のあとがきスピンアウトネタにまさかの続刊が登場。
文庫の神様、ちょっと頑張りすぎじゃね?
でも最近ちょっとキノ本編より学園キノの方が好きな自分がいたり。
そんな自分嫌いだ。


今回は満を持してティーも登場。
しかしなんだなあ、こうして見るといつものほほんである意味起伏が少ないキノ・エルメス組よりもシズ・陸・ティー組の方が和気あいあいと言うか悲喜交々で楽しそうであるなー。
っていうかティー可愛いよ、ティー
戦闘力抜群の無口キャラが陸に超懐いてるのが読んでて微笑ましい。
動物&童女、これ最強。
陸も陸で人化しても結局ティーにされるがままなのが愛らしいよなー。


しかしティーと陸*1はともかく、エルメスを除くその他のキャラ(キノとシズしかいないが)はもはや性格がアレになりすぎてて本当に本編のキャラを忘れてしまいそうだ。
シズはまだ静のときは本編キャラだからまだしも、キノは常時キャラ変わりっぱなしだから本編行ったらきっとすげぇ違和感になりそう。
うーむ、恐るべし「学園キノ」。
まあでも面白いからもっとガンガンやってほしいが。

*1:いや陸こそキャラ変わりすぎではあるが